小さな水玉の“あられ”と爽やかなブルーのおじゃみ座布団です。

勿忘草色という名のブルーですが、あられとの組み合わせで

デニムのようにも見えますね。

ソファーが明るくなります。

 

“おじゃみ”とは

関西ではお手玉を指す言葉。
4枚の長方形の布を縫い合わせて立体に仕立てる
古人の知恵と美意識が生んだ玩具です。
残念ながら今は忘れられたそんな日本の形を
高度な熟練の技で座布団として今に蘇らせました。
角をきっちり出しながら座り心地を考えてワタを詰めるのは熟練の技。
京都の職人が一つ一つ丁寧に仕上げています。

 

座布団として使う事を前提として、

ひとつひとつ丁寧に綿を詰めています。

 

床座に・・

高さがあるので、あぐらや割座で座ると

自然と背筋が伸びて長時間ラクに座ることができます。

 

椅子座では・・

背当て座布団として使うと、自然な背骨のアーチをサポートし

ラクに座っていられます。

 

柔らかいソファーって、気持ちいいですよね。

でも、猫背になりやすく体への負担が大きいです。

寛いでるはずなのに、長時間座ると疲れたり

腰痛がひどくなったりする方もいるはず。

そんな時、おじゃみ座布団を背当てとしてご活用ください!

 

おじゃみ座布団は、座布団として使う事を前提として

ひとつひとつ丁寧に綿を詰めているので、

ふわふわし過ぎず、背中や腰にフィットしながら

しっかりと体を受けとめてくれます。

ベッドやソファでクッション代わりに、

床では座布団として、どこでも自由自在にお使い頂けます。

洛中高岡屋 おじゃみ座布団Mサイズ/木綿 あられ&わすれな草

¥5,000価格
  • サイズ:直径約40cm
    ふとん側地:綿100%
    詰めもの:綿70%ポリエステル30%

takaoka英字のみ_白バック_logo [更新済み].png

https://www.takaokaya-warara.shop/

株式会社高岡

Tel: 075-341-2251 | Fax: 075-341-2255

takaokaya-warara@takaoka-kyoto.jp

〒600-8331 京都府京都市下京区五条通油小路東入金東横町242

Copyright(C)warara All Rights Reserved. Proudly created with WIX.COM